援助交際を体験した、Aさんの実話

エッチ目的の若い女子と出会える無料タイプの出会い系サイト人気ランキング!

Yメール

  • 10代の女性に大人気!
  • エッチに積極的な女性が多い
  • 真面目な清楚系女子に援助交際サイトとして好まれている

満足度

98

SWEET LINE

  • セフレ探しとして大人気のサイト
  • 即会い希望女性が多い
  • ちょっと暇つぶしな女性に人気

満足度

96

出会いひろば

  • 女子学生が多い
  • 恋人募集2:エッチ相手募集8
  • 性に気軽な女性に好まれる

満足度

94

即会い出来る有料タイプの出会い系サイト人気ランキング!

ピュアアイ

  • セックスOKの若い女性に人気!
  • 即会い希望女子多いからアプローチ成功でSEX期待大!
  • すぐに支援できる人は有利
  • 有料ポイント制

満足度

97

PC☆MAX

  • 10代女性に人気が高い
  • 性に寛容な10代多し
  • 大人の魅力をアピールで出会い率アップ!
  • 有料ポイント制

満足度

95

ここでは、援助交際をしたという経歴の女性とお話ができたので、ご紹介します。
女性は、Aさんとします。

Aさんが援助交際を始めたきっかけは、学生時代の友達の誘いとのことでした。
当時アルバイトをしていたAさんはバイト代に不満はなかったのですが、その友達はたった一日で数万円を稼いでいました。

援助交際は「悪いこと」と認識していたAさんは悩みます。
10代の学生にとって、短期間で簡単に高収入を得るということは非常に魅力的でした。

アクセサリー、洋服・・・10代の女性が興味を抱く物が簡単に手に入ります。
一度だけ、と心に決め、Aさんは友達の誘いを受けてしまいました。

Aさんにとっての悪いこととは、犯罪という認識ではなく世間体のイメージの悪さ程度のことだったのです。
一度援助交際に手を出したAさんは、簡単に手に入った高収入の魅力に取りつかれてしまいました。

罪悪感は消え去り、毎週援助交際をするようになってしまったのです。

当初は友達から紹介された援交掲示板を利用していたのですが、利用料の支払いが面倒になりじかに男性たちとやりとりをするようになりました。

5年間でAさんが援助交際で得たお金は、総額数百万円に達していたそうです。
しかし、Aさんは援助交際から引退するそうです。

恋人ができ、援助交際で得たお金は新生活の準備金にしたいと言っていました。
援助交際はいつまでも続けることはできません。

彼女は恋人にバレてしまったときのことを考えているのか、疑問に思ってしまいました。

いつどこで発覚するかわからない、援助交際

一昔前では、援助交際をする女性がたびたび取り上げられていました。
その中で女子高生の比率が高いことを受け、社会問題になったのです。

規制や法整備などが行われた現在、マスコミはあまり援助交際を取り上げなくなりました。
規制などが成果を上げたわけではなく、今も援助交際をする男女の数は減っていません。

援助交際はもはや特別なものではなくなった・・・これがマスコミが取り上げなくなった理由なのです。
援助交際をしたい若い女性、それを受け入れる男性。
この構図は今も昔も変わっていません。

援助交際は犯罪という認識が低いままの証拠でしょう。
ですが、援助交際は発覚する可能性が常にあるのです。

人間というものは、いつも自分だけはそんな目に合わないという根拠のないことを思ってしまいます。
今はバレていなくても、些細なことで露見してしまうこともあります。

援助交際相手が未成年の女性のときは、警察に補導された場合に携帯電話・スマートフォンの履歴から援交掲示板の利用もバレてしまいます。
過去に援助交際をした事実があれば、いつ警察が訪ねてくるかわからないのです。

家族・職場などへこのことが知られてしまえば、一気に人生は崩壊してしまいます。
ほかにも、援助交際が発覚した際の問題・トラブルはたくさんあります。

最悪の場合、命の危険性も含んでいるのが援助交際なのです。
人生を積み上げるのは難しいですが、崩れるのは一瞬のことなのです。
援助交際をしたという事実は消えません。

結果、援助交際がいつ発覚するかわからないというわだかまりを抱えたまま、人生を過ごすことになるのです。

あなたはそれでもまだ、援助交際をしようと思いますか?

お金が絡む限り、援助交際はなくならない

世間を騒がせた、援助交際。

最初は、1990年代にマスコミが大々的に報道しました。
今日では援助交際というものはマスコミにそれほど取り上げられなくなりました。

国、自治体などでも規制が厳しくなり、援助交際は減っているように思われます。
けれど、報道が減っただけで、援助交際は増加の一途をたどっています。

援助交際は特別な事件ではなくなり、とりたてて報道することもない・・・。
これが実態なのです。
援助交際を増やす原因を作ったのが、モバイル機器の普及でしょう。

一昔前は、援助交際の相手を見つける場に直接出向かなければいけませんでした。
しかし最近はネットや、携帯電話ひとつあれば簡単に援助交際ができる条件が整ってしまうのです。

その代表・出会い系サイトでは、そういった援助交際目的の男女の利用がとても増えています。
援交掲示板などは18歳以上しか利用できないと規約にあっても、それを守っている利用者も、サイト側も少ないのが現状です。

援助交際目当ての女性の目的は、当然ながらお金です。
自身の物欲、旅費の資金調達などが理由の大半を占めます。

そうやって気軽な気持ちで援助交際をしている彼女たちですが、その中に潜む危険性をわかっているのでしょうか。
援助交際は売春行為なので、当然犯罪です。

警察に見つかれば、前科者になってしまうのです。
そうなれば自分だけでなく、周りの人たちとの関係も崩れてしまいます。
世間の立場、信用も失います。

見知らぬ男性と関係性を持ってしまえば、事件などに巻き込まれる可能性もあり、性感染症になる危険性もあります。

このようなリスクばかりの援助交際ですが、目先の利益ばかりを求める女性が増え続けていることはとても残念でなりません。

なぜ危険な援助交際を続けるのでしょうか

援助交際は、交際などという言葉を使用してはいますが、立派な売春行為にあたります。

売春は、一昔前までは生活費などに困って仕方なくしていたことがほとんどでした。
ですが現代では遊び、服、旅行など、贅沢をするために売春をしていることが大半です。

セックスを一度しただけで、多額のお金が手に入るのです。
援交掲示板を利用するのも難しい事ではなく簡単にお金を手にできるので、それを一度経験するとなかなか抜け出せず、繰り返し援助交際をする女性が後を絶ちません。

ですが、援助交際は犯罪行為に該当し、事件、事故に巻き込まれてしまうという事例もたくさんあります。
相手は見知らぬ男性です。
暴力を振るわれてしまう危険性もあるのです。

援助交際は犯罪ですので、警察に発覚すれば逮捕されてしまいます。
それだけでなく、家族・職場・友人、いろいろなものを失ってしまうことだってあります。

自分の人生まで狂ってしまう可能性が、援助交際には潜んでいるのです。
おそらく援助交際をする女性はこう考えています。

「自分だけは巻き込まれるはずがない」
事件に巻き込まれず、援助交際を続けたとします。
その後、結婚を期に引退する女性は多いでしょう。

けれど、夫となる男性は援助交際をしていた事実を知っているのでしょうか。
仮に告白して夫が受け入れたとしても、事実は夫の中にいつまでも残り続けます。

援助交際は、事件、事故に巻き込まれる可能性だけではありません。
人間関係をも狂わせ、性感染症をうつされる危険性も含んでいるのです。

援助交際を行っている人は一度この事実をよく考え、自らの行為を見直してみてはいかがでしょうか。

リスクばかりの援助交際。それでも行いますか?

セックスフレンド、略すとセフレ。
みなさんはこの単語を聞いたことがあるのではないでしょうか。
恋愛感情を抜きにして、単にセックスのみを目的にする関係です。

ここで、援助交際という単語も聞いたことがあるでしょうか。
援助交際は主に援交掲示板を利用して行われrます。
これもセフレと同じく、セックスを目的にする関係ですが、セフレと援助交際は大きく異なります。

セフレは金銭の絡みはそれほどありませんが、援助交際にいたってはセックスするうえで必ず金銭のやり取りが行われます。
これは売春行為と変わりなく、警察に発覚した場合、犯罪となってしまいます。

さらに、相手が未成年だった場合は未成年淫行罪に該当し、罪は重くなります。
れっきとした犯罪行為なのに、売春を行う人たちはその認識があまりないように思えます。

援助交際が見つかれば、逮捕はまぬがれません。
それだけでは終了せず、家庭を持っていれば崩壊につながってしまうでしょう。
職場も、当然のことながら解雇。

罪を償ったあとでも、前科者となってしまった者を簡単に雇う企業があるでしょうか。
仮に家庭が崩壊せず、職場に復帰できたとしても、周りはそうはいきません。
犯した過ち、事実は消えないのです。

また、バレなくとも危険がともなうのが援助交際です。
相手は見知らぬ男性なので、暴力なども振るわれてしまう危険性があります。
さらに、病気をうつされてしまうことだってあるのです。

これは男女ともに可能性のあることです。
このように大変なリスクがあるのが、援助交際です。
目先の快楽だけに身を任せ、自らの崩壊を招いてしまう覚悟があなたにはあるでしょうか。

少し考えれば理解できる、援助交際の恐ろしさ

援助交際、女子高生。
皮肉なことに、このふたつの単語のイメージは重なってしまいます。

しかし現在、年齢層はさらに下がって女子中学生も援助交際に手を出しているケースが多くあるのです。
なぜ、10代の若い女性が援助交際に走るに至ってしまうのでしょうか。

援助交際を行う彼女たちは、特にお金に困っているわけではないのです。
親が裕福で、お小遣いで十分に生活できる家庭。
けれど、中高生はファッションに興味を抱く年代です。

お小遣いで足りない分はアルバイトで補うのが普通です。
しかし、アルバイトより楽で、はるかに短期間で大金を手にできることを知ればどうでしょうか。
興味を抱くなというほうが難しいかもしれません。

セックスもアルバイト感覚で行っていることが多いのではないでしょうか。
少しの間セックスするだけでいい、と割り切ってしまっているのです。

援交掲示板などのネットを利用すれば簡単に出来る援助交際ですが、犯罪行為だということを理解しておらず、その恐ろしさもわかっていないように思えます。
見ず知らずの男性との接触は、たいへん危険です。

相手が暴力的であったり、病気を持ってる可能性もあります。
その病気は、一生つきまとうものかもしれません。
もちろん、バレてしまえば逮捕されてしまいます。

そうすれば職場・学校・家族、自分の生活環境のすべてにその事実が露呈してしまうのです。
そうなると、そのすべてが一気に崩壊してしまうことでしょう。

周囲からの信用は失われ、職を失うばかりか家庭まで失ってしまう可能性があります。
そして、援助交際をしたという事実は消えません。

再就職するにしても、前科のある場合、非常に厳しいのが現状でしょう。
女性の場合、これから先、愛する男性が現れて結婚するとします。
あなたは援助交際をしていたことを言えるでしょうか。

援助交際は犯罪ですので、それを受け入れてくれない男性もいるのは確かです。
援助交際をしたという事実は、心にも残り続けてしまうのです。

援助交際から得るものは人生に比べれば取るに足らないお金だけだということを、忘れないでください。

援助交際の、本当の恐ろしさ

援助交際が社会問題になったのは一昔前のことです。
マスコミにもたくさん取り上げられました。

援助交際をする女子高生が増えたことが、問題喚起となったのです。
法改正、規制が国や自治体で行われ、現在では援助交際という言葉を耳にする機会は減りました。

けれど、援助交際がなくなったというわけではありません。
現代でも、援助交際を行う男女はたくさん存在しています。
援助交際は、立派な売春です。
警察に発見されると、逮捕はまぬがれません。

女性が成人していない場合、男性側には未成年者淫行罪も追加されてしまいます。
援助交際に関わってしまえば、罪に問われるだけで済みません。

事件や事故に巻き込まれる可能性、トラブルを招く可能性は高いと考えられます。
援助交際の相手と接触を持つのが、ほとんどがネットの援交掲示板です。

つまり、顔も知らない相手で接点はほぼありません。
ですので、事件、事故に巻き込まれてしまっても警察による捜査も困難になることがあります。
援助交際に関わる女性は、家出していることもあります。

家族が捜索願いを出したまま行方不明に・・・というケースも考えられるのです。
また、性病の危険性や、それによる病気、最悪子供まで産めなくなってしまうなんてこともありえます。

お金では解決できない恐ろしいリスクのある援助交際。

これでもまだあなたは援助交際を続けますか?

援助交際は、人生の崩壊を招きます

以前、援助交際という言葉は毎日のようにマスメディアの間で飛び交っていました。

社会問題にまで発展した援助交際ですが、最近はマスコミで取り上げられることはなくなりました。
援助交際がなくなったというわけではありません。

規制は厳しくなりましたが、今でも援助交際ははびこっています。
日常的なものとなってしまったので、マスコミは取り上げないだけなのです。

援助交際の中心はやはり女子高生で、最近では女子中学生も援助交際に手を出していることも珍しくないのです。
援助交際をする男性、女性の多くは援交掲示板を利用します。

出会い系サイトは本来18歳未満の利用は禁止されています。
ですが、それは名ばかりで徹底されていないのが現状です。

援助交際は、お金を出して若い女性を求める男性、お金を求めてそれに応える女性によって成り立ちます。
お互いが、目先の利ばかりを求めた結果が援助交際なのです。

そこにしか目が向いていないため、援助交際の恐ろしい本質もわかっていません。
援助交際は立派な犯罪です。

警察に発覚すれば当然逮捕されますし、相手が未成年の場合は未成年者淫行罪も加えられてしまいます。
それだけに留まらず、社会的立場を失うといっても過言ではないでしょう。

家族は崩壊、職も失ってしまう可能性もあります。
周囲の目は厳しくなり、以前までの暮らしには戻れません。
人生をたやすく崩壊させてしまうのが援助交際です。

援助交際をする男性、女性は、これらの覚悟をしていない人が大半でしょう。
もう一度、自分の未来について考えてみてください。

援助交際は本当に恐ろしいもの

援助交際は売春行為となんら変わりありません。
もちろん警察に発覚すれば罪となり、処罰されてしまいます。
男性も女性も関係ありません。

女性側が未成年者の場合、男性側には未成年者淫行罪がさらに適応されてしまいます。
禁固刑、罰金刑を受けてしまう売春行為ですが、本当にたいへんなのはその後です。

家庭のある人なら、それが崩れ去ってしまうのは明白です。
職場では解雇はまぬがれないことがほとんどでしょう。
前科者が次の仕事を決めることは容易ではありません。

例え罪をつぐなって社会に再び出たとしても、周りはあなたを認めてくれなくなっているでしょう。
信用を築くのは難しいことですか、崩すのは簡単なことなのです。

前科というものは一生後を引き、己を苦しめます。
しかし、援助交際を続ける人は今もたくさん存在しています。
自分だけは見つからない、という根拠もなにもない考えでいるのではないでしょうか。

ですがその考えは違います。
例え現在バレていなくとも、数年後に発覚となることもあるのです。
援助交際をする女性たちは未成年者が多いのです。

深夜警察に補導され、その際のや携帯電話の援交掲示板利用履歴や着信履歴から発覚、なんてこともありえます。
援助交際をしてしまったからには、いつどんなことでバレてしまうかわかりません。

例えバレなくとも、素性も知らない相手とセックスすればどんな病気をうつされてしまうかわかりません。
もしかすると、一生つきまとうかもしれない病気になってしまうかもしれないのです。

援助交際に手を出すということは、さまざまな人生に関わるリスクを負うということなのです。

援助交際は男性、女性、どちらが悪いか

援助交際は犯罪行為です。

ですが、男性、女性、どちらのほうに非があるのでしょうか。
まず援助交際の前提条件は、お金を出してくれる男性の存在です。
お金を出さなければ援助交際は成立しません。

援助交際をする女性の中には中高生も多く、未成年と援助交際をしたとして男性側が重い罪になることがあります。
けれど、お金を求める女性がいてこそ成立する援助交際です。

お互いの危機管理が低いことこそ、援助交際を助長する原因でしょう。
先にあげたように、援助交際は犯罪なのです。
犯罪には、トラブル・問題点がいくつも存在します。

ここで、簡単に例を挙げてみます。
逮捕される危険があります。
家庭崩壊の恐れもあります。
職を失うこともあります。
性病をうつされる可能性もあります。

援交掲示板などを利用してると、ネット上に身分がさらされる可能性だってります。
このように、あげていけばきりがないほど、援助交際は問題点だらけです。
最悪なのは、命の危険性まで含んでいることです。

援助交際を行うにあたっては、自らの意思で行っているのですから、自業自得としかいえません。
これらの事実に目を向けず、目先の利ばかりに目を向けた、男女それぞれに非があるのです。

女性は、将来夫となる男性が現れたとき援助交際をしていたと言えるでしょうか。
罪悪感として一生心の中につきまとってしまうかもしれません。

援助交際が抱える問題は、いつか自身が後悔することになってしまうでしょう。
もう一度、援助交際のリスクを見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、援助交際がいかに自分にとってマイナスなことにつながるか、わかってくるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ